ゆるく焚き火して生活する30代の転職・副業の実体

台風で崩れた中庭・倒れた庭木をなおすために無料相談して5000円ゲットすることができる方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
32歳で上場企業から田舎暮らしでドロップアウト。今回6年のブランクがありましたが、この度戦略的な転職活動を経て1ヶ月で5社から内定をもらい無事に再就職を果たしました。 キャンプを楽しみながら副業で年収アップの秘訣を公開していきます。

台風で倒れたり崩れた中庭・庭木。めちゃくちゃになって、ぐちゃぐちゃになった庭に呆然としながら、これからどうしようと不安な気持ちだと思います。

今回は、そんな中庭・庭木を修理するために無料相談して5000円ゲットすることができる方法をご紹介します。

しかも修理には火災保険が使えることご存知でしたか?

一見被害がないように見えても平均100万円の補修費が出ているケースがあります。

”この程度、かすり傷だからと諦める人がほとんどです。

でも、屋根・外壁の損傷で保険が下りるわかがない”とないがしろにしないでください!
一般の方は知らないだけなんです!

無料相談して5000円ゲットできて

平均100万円の補修費が出るなら

今すぐ相談するかたは

↓↓↓↓↓↓↓

防災グッズがまだ家にない!なんて人は僕も持っているプロが選んだ防災グッズっていうのがあります。

この記事では

台風の被害や雨、風、雷、ヒョウ、突風、飛んで来たゴミで中庭・庭木が破損してしまった人

台風で飛んでしまった中庭・庭木を修理したい。

でも、誰に相談して良いのかわからない。

保険が使るかどうかわからない。

瓦屋根が壊れて1日も早く補修したい。

こんあ人に向けて記事を書いています。

台風などの自然災害の被害は火災保険で保証が受けられます。

実は私も以前、火災保険を使って屋根の補修をすることを経験しました。まさか火災保険が使えるとは驚きだったので、この記事をきっかけに少しでも実費で済まさずに、お得に中庭・庭木を直して欲しくて経験を踏まえて記事を書きました。

では早速いきましょう。

台風で中庭・庭木が壊れたかどうかは点検しないと気がつきにくい

明らかに中庭・庭木が飛んでしまっていれば、そこは修理すべきだと分かります。

しかし、他の箇所がどれくらいの程度ダメージを受けているか素人には非常に分かりづらいものです。

瓦屋根は少し浮いただけでも修理した方が良いケースもあるので、しっかり専門家にみてもらう必要があります。

素人がはしごで屋根に登って調べるなんてことは決してしないでください。中庭・庭木はすべって転べば地面に真っ逆さまに落ちることになるので、非常に危険です。

かならず、専門家にお願いして破損状況を調べてもらいましょう。

中庭・庭木が飛んでなくても火災保険で補修費が100万円も出ることもある

実際に中庭・庭木が飛んでしまって修理費を火災保険でまかなった事例があります。

したの画像をご覧ください。

東京都内の持ち家の住宅なんですが

築年数は12年です。

画像を見ると、中庭・庭木が飛んでしまってなくなっているわけではなく、「ちょっと浮いているかな?」程度です。

これでも、中庭・庭木の損害として火災保険が114万円もでたんですよ。

すごくないですか?

114万ですよ?

これなら、あなたの中庭・庭木もしっかり火災保険で修理代をまかなえそうに思えてきますよね。

 

次は、埼玉県にある戸建住宅の築年数は32年とちょっと古い場合でのケース。

こっちは瓦屋根じゃないですが、中庭・庭木がちょっとだけ曲がってしまっています。(黄色い丸の部分)

素人で破損しているのかよくわからないですよね。

こんな場合でも142万円の補修費がでてます。

専門家にちゃんと聞かなければ見過ごしているような状況ですね。専門家に相談することがいかに大事かわかる事例です。

新潟での一軒家の事例です。

築26年と少し古めの物件です。

どこが壊れているか分かりますか??

こちらは中庭・庭木の金具部分がはずれていまっています。

これでも86万円もの補修費が出ています。

どう見ても素人では見過ごしてしまうレベルです。

80万円以上補償されるケースが多いようですね

ちょっとした修繕でも戸建住宅では、範囲が広かったり、危険度などによって保険が高額でおりる仕組みになっているみたいです。

事例を参考にすると80万円以上少なくとも80万円くらいは保険適応されるケースが多そうですよね。

ちなみに、80万円以上くらいの金額がおりるには以下の条件が必要になります。

  • 築5年以上
  • 自己所有物件
  • 火災保険に加入している

えっ?たったこれだけ?

と思われるかもしれませんが

たったこれだけです。

これなら、あなたの中庭・庭木もなんか火災保険でまかなえる気がしてきませんか?

こういう時は瓦屋根の補修には保険が使えません

もちろん、火災保険でまかなえないケースもあります。

それは、経年劣化による損傷は保険適応外です。当たり前ですね。

しかし、毎日屋根や外壁をチェックしているわけではないので、経年劣化なのか?台風や雨、風が原因なのか判断するのは難しいとおもいます。

だからこそ、プロに相談することで、しっかり判断してくれるので安心です。

中庭・庭木のメーカーが倒産してた場合の保証はどうなるの?

中庭・庭木のメーカーが万が一倒産して、保証が受けられなくなったり、修繕することができないような場合はどうしたら良いのでしょうか?

中庭・庭木の国内メーカーでは倒産はあまり考えにくい事ではありますが、海外メーカーでは起こりえる事です。

万が一、メーカー対応をしてもらえない場合は、国内のメンテナンス会社と新たにメンテナンス契約を結ぶことが可能です。

国内にある中庭・庭木メーカーに問い合わせて、メンテナンス契約を結べるかどうか確認してみるとよいです。

ただ、これに関してもまずは保険が下りるかどうかも含めて火災保険のプロに相談してみることをおすすめします。こういった細かい部分もプロがいればすぐに解決することができますし、最適なアドバイスをもらうことができるので、一人で悩む心配もありません。

今なら相談するだけで5000円もらえるから無料相談はしてみるべき!

いまなら無料相談して5000円ゲットできて

平均100万円の補修費が出るなら

今すぐ相談するかたは

↓↓↓↓↓↓↓

防災グッズがまだ家にない!なんて人は僕も持っているプロが選んだ防災グッズっていうのがあります。

無料相談はセカンドオピニオンとして2社は依頼するべし

火災保険調査は2つの調査を依頼してみるのがおすすめ

平均100万円の補修費が出るなら

今すぐ相談するかたは

↓↓↓↓↓↓↓

最後に中庭・庭木を修理してで明るい生活を取り戻しましょう

台風や、風、雨の被害にあわれてとても不安でいっぱいかもしれませんが

1日も早く修理をして火災保険で修繕費をまかない、余計な出費を減らして明るい生活をいち早く取り戻してください。

火災保険は思っている以上におりる可能性の高い保険です。毎年高額な保険料を支払っているのですが、もらえるものはもらっておかないともったいないです。

しっかりと保険を有効活用していきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
32歳で上場企業から田舎暮らしでドロップアウト。今回6年のブランクがありましたが、この度戦略的な転職活動を経て1ヶ月で5社から内定をもらい無事に再就職を果たしました。 キャンプを楽しみながら副業で年収アップの秘訣を公開していきます。

Copyright© きゃんぽ , 2019 All Rights Reserved.